暇なのでiphoneアプリ作ってみた。最新のiPhoneアプリの開発方法とは

iphoneアプリ開発

xcodeをアップデートしてiphoneアプリを作ってみた

xcode
どうも!

3年ほど前「html5のデータをphonegapBuildを使ってネイティブ化してiphoneとAndroidアプリができる」と話題になっている時があり、挑戦したことがありました。

試しに作ったのはスマホサイトを単純にネイティブ化しただけの「んで?」みたいなアプリだったのでスルーしてました。
(単純に自分にプログラミングスキルがないだけです。)

あれから月日がたってXcodeのアップデートやObject-C言語→Swift言語に変わるなどいろいろな変化があったそうなので試しに触ってみることにしました。

今まで作ったアプリを実機でテストするには登録料(年間1万円くらい)を払う必要がありましたが、去年から無料でテストできるようになったみたいです。
これは結構嬉しいですね。今までiPhoneアプリを作るのにお金がかかると言われて敬遠してJavaでAndroidを開発する貧乏学生も周りに多かったので、この敷居がなくなったのは大きいです!

そして『Storyboard』という直感的にボタンを配置できる機能も追加されたので開発がやりやすくなったとのこと。
百聞は一見にしかずということなので、最新のiPhoneアプリの開発はどんな感じでやっていくのか簡単に紹介していきたいと思います。

最新の開発環境(Xcode)

最新のXcodeはver.7.3.1です。(2016年5月29日現在)
xcode画面

  1. StoryBoard
  2. プログラミングエリア
  3. ボタンやアイコン
  4. デバックエリア

✴︎名称はテキトーです。

普段あなたが使っているアプリにはこんな画面をいじって作られてます。
③のボタンやアイコンを選んで①のストーリーボードに設置していきます。
そして画面の動作を②のプラグラミングエリアでガリガリ書いてきます。
④のデバックエリアはプログラミングに不備があった際にエラーを表示してくれる場所です。

こんな感じで開発していきます。

確かに昔に比べて直感的で開発しやすくなったと思いました。これは「StoryBoard」が追加されたからだと思います。
今メインのSwiftという言語も去年の6月に発表されたばかりの新しい言語になります。

プログラミングを始めてみたい方や、既に他の言語を学んでいてiphoneアプリに挑戦したい方は今がチャンスかもしれません。
最新のOSとxcodeに対応した入門書も出ているので手元に置いてやってみると良いです。

ちなみに私が買った最新の入門書はこちらです。(2016年2月発売でどの入門書よりも新しいです。)

本気ではじめるiPhoneアプリ作り Xcode 7.x Swift 2.x対応 黒帯エンジニアがしっかり教える基本テクニック (ヤフー黒帯シリーズ)

中古価格
¥2,760から
(2016/5/29 13:49時点)

Yahoo!は今スマホアプリにとても力を入れているので、しっかりしたノウハウを学びたい方はこのyahooのエンジニアが書いたこの本がオススメです。

週末プログラマーを目指して頑張りましょう!

↓ポチッと応援よろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ
にほんブログ村

↓こちらもポチッお願いします!

経営者 ブログランキングへ

iphoneアプリ開発

「インターネットビジネス講座」を今だけ無料でプレゼント!

 

 
期間限定でメルマガに登録いただいた方に、副業でネットビジネスを始める方の手引きとなる「インターネットビジネス講座」を無料でプレゼントしています!
 
メルマガではネットビジネスで成果を出すために必要な「ノウハウ」、「スキル」、「マインド」、「思考法」などを私の実体験を元に配信しています。
 
動画付きで詳しく解説された有料級コンテンツをお届けしています。
 
インターネットで副収入を得たい方は必見です!
 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

りょーが

1991年生まれ。 2016年から個人事業主としてネットビジネスを展開。 アフィリエイト、物販ビジネス、情報発信、Web製作などをやっています。 物販ビジネスとアフィリエイトの二刀流で健全なキャッシュフローを意識したストレスフリー経営をしてます! 趣味はサッカー、マラソン、水泳、自転車、ギター、ピアノ、...etc